STAFF

勝賀瀬 真

会社を牽引する存在になりたい

首都圏支社

第1営業部 第1営業担当

勝賀瀬 真

2009年入社

TIPSは黒子

勝賀瀬 真

私は営業を担当していますが、入社1年目には三重の工場実習で設計を担当しました。その後、営業に戻り、また三重の工場に戻ってといった少し変わった経歴なのですが、トータルで3年ほど設計も経験しました。

実習期間を終えて、営業に戻って来た後に三重の工場でマンパワーが必要になった際に、入社1年目の実績が評価されたそうだと言われ、白羽の矢が立って戻ることになりました。文系で入社した自分が技術の分野でも評価をしていただけたことは、本当に嬉しかったです。このように営業で入社をしても、社内や東芝グループ他社で違う職種の実習を経験することで、製品を設計して作って売るという一連の流れを理解することもできます。

東芝産業機器システムを一言で例えるなら“黒子”であると思っています。あらゆるモノづくりを支えるスペシャリストの集団です。取扱い製品は目に見えないところにあることがほとんどなのですが、それがないと何も動きません。目立たないけれど、人々の生活に必要不可欠である点に魅力を感じています。自身も仕事をする上で、そんな存在になれたらと常に思っています。

日本のモノづくりを支える会社で「営業」をするということ

勝賀瀬 真

「営業をやりたい」という気持ちは、就職活動をしている段階で固まっていました。様々な業種、会社について調べたり、話を聞く中で惹かれたのは「モノづくり」の分野でした。更に世の中のモノづくりを支える産業用コンポーネントの販売に興味を持ち、東芝産業機器システムを選択しました。

現在は、当社の商品を拡販してくださる販売会社であるビジネスパートナー向けにモータ、インバータ、コンプレッサの販売・提案をする営業担当をしていますが、入社するまでは、「モータ?どこにあるの?どこで役に立っているの?」という感じでよく知らなかったというのが正直なところです。

しかし、入社後にコンポーネント機器を実際に担当するようになり、徐々に東芝産業機器システムの製品がどのような形で世の中の役に立っているのかを知るようになりました。街を歩いていると「あ、あれも、これも、うちのモータで動いている」、営業先で、「いろいろなところに入っているよね」と言われる中で、まさに“縁の下の力持ち”“日本のモノづくりを支えている”という事を実感するようになりました。

会社を牽引する存在になっていきたい

勝賀瀬 真

入社までは製品に関する知識はほぼありませんでしたが、営業そして設計業務での経験を重ねて行く中で、今、漠然とですが、いずれは会社を牽引する存在になりたいと思っています。

金額の大きい物件や、新規案件を受注したときには、大きな喜びを感じることもできますが、納入したモータで不具合が発生し、お客様の在庫、納入済の製品などを点検する作業といったトラブルが起きることも少なくありません。

そういった問題が発生したときにどのように対応しどのように解決したのかその過程で、自分が日々、成長している事に強く喜びを感じています。

トラブルが起きている時はつらい状況であることは言うまでもありませんが、そこで誠意を持って取り組むことで得られる信頼や社会人としての経験値は何にも代え難い財産です。

とても基本的なことですが、前向きであること、向上心、責任感があり相手の立場に立って物事を考えることが出来る人とこれからの東芝産業機器システムを一緒に支えていきたいと思っています。

  • TIPS(Toshiba Industrial Products and Systems Corporation):東芝産業機器システム株式会社の略称