STAFF

服部 和馬

モノづくりで社会を支えているという自負

配電機器事業部

モータコントロールセンタ製造部 開発・設計担当

服部 和馬

2013年入社

東芝の低圧電気事業を支える工場

服部 和馬

私は、工場や発電所用の低圧配電盤、モータコントロールセンタの設計や新商品の開発業務を担当しています。

学生時代には、磁石のデータを分析する研究をしていました。テーマを絞りすぎた研究だったので、何に役立つのか、生活に関わっている様子が見えてこないとも感じていました。

その為、就職活動をする際には、もっと目に見える製品として形になっているものを作りたいという気持ちがあり、モノづくりの現場近くで設計業務ができ、自分の携わった製品が間近で製造される様子が見える会社である東芝産業機器システムに興味を持ちました。

プラントで使う大きい電圧のものは、他のグループ企業で製造することもありますが、低圧配電盤を製造しているのは、東芝産業機器システムのみで、東芝の低圧電気事業を支える会社であると自負しています。

大規模な試験ができる

服部 和馬

仕事をしながら知識を得る中で、「電気の怖さ」を感じると同時に、試験の大切さというのを痛感しています。事故を想定した試験を行うことで、より安全で、より性能の良い製品を作ることができます。小さな会社では、予算の関係上、試験をする回数なども限られてきます。しかし、東芝産業機器システムは、大規模な試験ができるというのも魅力のひとつと思っています。

一方、会社の規模が大きいことで、何か変更をしたいといったときに、決定が下りるまで時間がかかるなと感じたこともありましたが、それはより安全に、確実にという結果に繋がるための必要な流れであると理解することができました。

より安全性を高めた製品の開発

服部 和馬

学生時代に培った磁石の実験とデータ解析というのは、現在の業務に活きているかと言えば、直接は繋がってはいません。しかし、とても難しい研究だったこともあり、培った根気強く物事に取り組むという姿勢は、今の実務に役立っていると思います。学生時代の研究が現在の業務に直接関係なくても、知識以外の経験を会社での業務に活かせるのだと感じています。

最近では、国内だけでなく海外にプラントを立てる会社が増えています。世界ではヨーロッパ、アメリカと大きく分けて2種類の規格があり、世界基準のもの作りが求められています。

入社3年目の1年間は、実務を通じて課題に取り組み成果をまとめる機会も与えられます。プロセスはとても大変なのですが、困難な課題ほどやりがいと達成感を感じることができます。モノづくりに興味があり、社会を支える製品を作っているという自負が、次の課題にチャレンジする意欲へと繋がっています。