WELFARE

福利厚生

社会人になると仕事の対価として、会社から給与を受け取ることになります。将来の「結婚、マイホーム取得、子どもの教育」などライフイベント毎に多額の資金が必要となりますので、早いうちから計画的に資産形成することが大切です。また病気、事故等、不測の事態に対して自ら備えておくために東芝グループでは様々な福利厚生制度を用意しています。

財産形成制度

毎月の給与や賞与から一定額を引去り、自社株の購入や金額の積み立てを行うことによって、計画的な資産形成を行うことができる制度です。具体的には、以下の制度が用意されています。
  • 持株会 月の引去り額(拠出額)に応じて東芝の株式を購入する制度です。
  • 財形貯蓄 毎月の引去り額を積み立て、必要な時に引き出すことができる制度です。目的別に一般財形貯蓄、財形住宅貯蓄、財形年金貯蓄の3つを用意しています。
  • 積立年金 毎月の引去り額を積み立て、退職後の生活資金として蓄えることができる制度

保険

社会保険(厚生年金、健康保険、企業年金基金)、雇用保険、東芝グループ保険、団体生命保険、各種損害保険

寮・社宅

独身者用・転勤者用借上げ社宅制度が有ります。

厚生施設

東芝健康保険組合の保養所、その他契約保養施設、契約フィットネスクラブ、社員食堂(三重事業所のみ)が利用できます。

休日

  • 土曜日、日曜日
  • 年末年始
  • 国民の祝日
  • 国民の祝日に関する法律に規定する祝日が土曜日にあたるときの当該祝日の前日
  • メーデー
  • 特別休日(2日)
  • 会社記念日は、半日休業

休暇

有給休暇(初年度23日、2年目以降24日)
赴任休暇、結婚休暇、忌引休暇、生理休暇、妊娠保護休暇、看護休暇、配偶者出産休暇、裁判員休暇、特別休暇(ステップアップ休暇、ワイドプラン休暇、定年招待旅行休暇)
※年間休日124日。ゴールデンウィーク、夏季、年末年始など長期連休も多くプライベートの充実も図れます