トップページ > 環境への取り組み > 環境への取り組み

環境への取り組み

人と地球の明日のために産業分野・省エネルギー機器

日本は、1997年に開催された地球温暖化防止京都会議(COP3)で、2008年〜2012年までに1990年比6%の温室効果ガス排出量削減が義務付けられました。この削減達成のため「省エネ法(エネルギー使用の合理化に関する法律)」が改正され、1999年4月に施行されました。 これにより、工場・事業所でのエネルギー使用の合理化がさらに徹底されることとなり、また産業界にとっては経営環境改善の面からも、経費削減の一環としての電力消費量の低減が重要な課題となっています。

東芝産業機器システム株式会社では、電力消費を抑え、温室効果ガスの排出量を削減するモータ、変圧器等各種の高効率省エネルギー機器をご提案してまいります。このページでは当社の高効率機器および環境への取組みをご紹介します。

  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.