トップページ > 環境への取り組み > 高効率変圧器について

環境への取り組み

高効率変圧器について

別ウィンドで開きます。
(株式会社 東芝 持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けて)

トップランナー変圧器

油入変圧器SEVシリーズ
油入変圧器Sシリーズ

トップランナー変圧器2014は省エネ法特定機器の使命である地球環境保護のための省エネ実現とともに限られたスペースに収納できるコンパクト性、さらには居住空間に隣接した場所でもご使用いただける安全性、静音のニーズにお応えする東芝トップランナー変圧器2014は環境保護と電源の信頼性向上に貢献します。

モールド変圧器NEVシリーズ
モールド変圧器TOSMOLD NFシリーズ

トップランナー制度とは

トップランナー方式とは省エネ法における省エネ基準値の策定方式です。

特定機器対象商品で最も省エネ性能の高い製品を基準として、省エネ基準値を定め省エネ化を推進する制度です。

基準値をクリアした変圧器を「トップランナー変圧器」と呼称します。

さらに、2014年省エネ基準(第二次判断基準)に適適合した変圧器を「トップランナー変圧器2014」と呼びます。

イメージ画像

トップランナー変圧器2014の対象範囲

適用除外機種
適用範囲
機種 油入変圧器
モールド変圧器
ガス絶縁変圧器
H種乾式変圧器
スコット結線変圧器
モールド灯動共用変圧器(油入は適用)
水冷または風冷変圧器、多巻線変圧器
電力会社向け柱上変圧器
容量 単相:10〜500kVA
三相:20〜2000kVA
電圧 一次電圧:6kVまたは3kV
二電圧:100〜600V

<対象品>
JISで規定された標準仕様のみでなく電圧変更などの非標準品も対象です。

<非対象品>
特殊用途や市場の使用割合が極端に小さい機種は除外されています。

エネルギー消費効率(目標基準値)と目標年度について

表画像\

トップランナー変圧器2014のラインアップ

油入変圧器 Sシリーズ

仕様油入変圧器 Sシリーズ
周波数 50Hz、または60Hz
適用規格 JIS C 4304-2013,またはJEM 1500-2012
容量単相 10〜500kVA
三相 20〜2000kVA
電圧一次 6.6kV または3.3kV
二次単相 210-105V(単三専用)
三相210V 50kVA以下:Yy0
500kVA以下:Yd1
750kVA以上:Yd1またはDd0
三相420V Dyn11(50Hz)
三相440V Dyn11(60Hz)
型式単相 HCR-S23TA:標準仕様
HCR-S23TB:準標準仕様
三相 HCTR-S23TA:標準仕様
HCTR-S23TB:準標準仕様

モールド変圧器 TOSMOLD NFシリーズ

仕様モールド変圧器 TOSMOLD NFシリーズ
周波数 50Hz、または60Hz
適用規格 JIS C 4306-2013,またはJEM 1501-2012
容量単相 10〜500kVA
三相 20〜2000kVA
電圧一次 6.6kV または3.3kV
二次単相 単相 210-105V(単三専用)
三相210V 50kVA以下:Yy0
500kVA以下:Yd1
750kVA以上:Yd1またはDd0
三相420V Dyn11(50Hz)
三相440V Dyn11(60Hz)
型式単相 RC-N23TA:標準仕様
RC-N23TB:準標準仕様
三相 RCT-N23TA:標準仕様
RCT-N23TB:準標準仕様

トップランナー変圧器2014の省エネ効果

電気料金:12円/kWh

モールド変圧器の場合
モールド変圧器の場合

油入変圧器の場合
油入変圧器の場合

* 旧JIS品との比較 :基準負荷率 500kVA以下 40% 500kVA 超過 50%)

  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)