トップページ > 事業拠点 > 中国GB18613-2012対応機種 > (旧)東芝高効率モータ

事業拠点

東芝高効率モータ

中国効率規制改定(GB18613-2012に対する対応について)

中国向けのモータにつきましては現在、GB18613-2006(効率レベル:GB2級)の 規格が適用されておりますが、この度は中国能効標識管理中心より2012年7月9日に「中小型三相誘導電動機エネルギー効率基準の改正とエネルギー効率ラベルの適用に関する問題点の説明」が発布されました。そのため、今回の規制変更に基づく対応方針につきまして、下記にて御連絡させて頂きます。

規格変更(GB18613-2012)について

変更点概要
1、規格名・・・ GB 18613-2012中小型三相誘導電動機能効限定値及び能効等級
2、容量範囲・・・ 0.55kW〜315kWから0.75kW〜375kWに変更
3、試験方式・・・ GB/T1032のB方式(入力と出力工率の損耗分析方式)
4、適用電圧・・・ 690V以下から1000V以下に変更
5、中間出力・・・ 規制対象外から規制対象
6、75%負荷時の効率規制要求・・・ 削除
7、力率規制要求・・・ 削除
8、IE2効率レベル・・・ 現行GB2級から新GB3級に変更(下表を参照願います)
IE2効率レベル変更の表\" data-mce-src=
9、将来の目標効率レベル
 7.5kW〜375kW:2016年9月から新GB2級(=IE3)以上
 7.5kW未満:2017年9月から新GB2級(=IE3)以上

運用ルールの見直しについて

前頁の規格変更を受け、中国能効標識管理中心が2012年7月9日に運用ルールに関する「中小型三相誘導電動機エネルギー効率基準の改正とエネルギー効率ラベルの適用に関する問題点の説明」を掲載致しました。
当運用ルールの中で特に問題となる内容としましては、 「2012年9月1日以降新しいエネルギー効率ラベルを使用しなければならない」 旨の記載があり、本件につきまして弊社の対応方針を御連絡致します。

(原文訳の抜粋)
2012年9月1日より、生産者または輸入業者は、出荷する、または出荷した小型三相誘導電動機に対して、国家規格GB18613-2012「中小型三相誘導電動機エネルギー効率制限値およびエネルギー効率等級」に基づき、エネルギー効率ラベルを表示する。

弊社の対応方針

GB18613-2006からGB18613-2012に伴う対応方針は下表を御参照願います。

対応方針の表\" data-mce-src=

その他

2012年8月31日までに確実に中国で通関されるモータにつきましては現行規格品で出荷対応をさせて頂きますので、その際は弊社担当窓口へ御連絡願います。

当情報は2012年8月7日現在の東芝独自の調査による見解となります。
そのため、実際の法律は、東芝の解釈と異なる可能性がございます。
また、今後の調査により方針を見直しさせて頂く可能性もございますので、予め御了承願います。

  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.