トップページ > 製品情報 > モータ > ブレーキモータ > ブレーキモータ(SBD-Hシリーズ)

製品情報

ブレーキモータSBD-Hシリーズ

製品画像

ブレーキ部は無励磁作動形(スプリング作動形)乾式複板電磁ブレーキで、モータの 反負荷側に取り付けられています。

 

TRマーク

 

会員ページ

 

 

 

特長

トップランナー基準に対応

プレミアムゴールドモートルを採用したブレーキ付きモータのため、トップランナー基準をクリアしています。
(0.75kW未満を除く)
標準効率モータに対し、損失を30〜40%低減しているため、大幅な省エネ効果を期待できます。

 

優れた応答性

高性能なブレーキ電源ユニットの採用により一体切りでも制動時の応答性に優れています。
標準は一体切り回路ですが、別切り回路を採用する事によりさらに応答性を早くすることができます。

 

機種範囲の拡大

枠番号132S(4P-5.5kW、6P-3.7kW)および枠番号132M(4P-7.5kW、6P-5.5kW)を追加し、機種ラインアップを充実しています。

 

取付互換性

枠番号112Mまでの従来同一の出力範囲は、取付寸法が従来と同一のため置き換えが容易です。
(0.75kW以上は従来機種より全長寸法は長くなります)

取付寸法

タフネス

従来ブレーキの耐久性能を継承し、機械寿命100万回を実現しています。
スプリング制動式の複板ブレーキにより安定した制動特性が得られます。

 

容易な保守点検

ブレーキ部はユニット式のためモータとの切り離しが可能で、手動解放装置(ボルト式)により保守が容易に行なえます。

 

インバータ駆動

0.75kW以上のトップランナーモータ搭載機種は、インバータによる1:10の定トルク運転が可能です。
(インバータ運転時は直流電源ユニットの変更および回路構成の変更が必要です)

 

仕様機種一覧

ブレーキ部の形式

ブレーキ部形式

標準仕様

標準仕様

機種および定格

機種および定格

ブレーキ特性表

ブレーキ特性.PNG

 

関連情報

※会員ページでは、図面・取扱説明書・FAQ等を公開しております。

※本製品の保証・免責事項に関しましては、「取扱説明書」にてご確認ください。

※本ページ記載の内容は予告なしに変更の場合がありますのでご了承ください。

  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.