製品情報

製品イメージ

永久磁石(IPM)モータ

 

モータ駆動の省エネに
東芝の新提案!

かつてない高効率運転を実現する「IPMモータ・ドライブシステム」をご提供します。

カタログ

 

IPMモータとは?

モータのロータ部分に永久磁石(Permanent Magnet)を埋め込んだ構造を持つモータです。
誘導モータではロータ導体に電流(2次電流)が流れる為に損失(熱)が発生します。
IPMモータではロータに永久磁石が内蔵されているため、2次電流による損失が発生せず、より高効率な運転が可能です。
ロータ(磁石)位置に合わせた回転磁界を発生させる必要があるため、インバータ等の制御装置が必要です。

IPM低損失

 

IPMモータの原理

回転原理は固定子の回転磁界に磁石が引っ張られて、回転磁界と同じ速度で回転しますので、すべりがありません。
このため、誘導モータから置き換える場合、負荷の回転速度が少し上がりますが、インバータ駆動ですので誘導モータの回転速度に合わせることができます。

IPM原理

特長

 (詳細はこちら)

 ●環境にやさしい東芝独自のIPMモータ設計

 ●標準誘導モータからの置き換えが容易

 ●IE4相当の高効率設計

 ●大幅な省エネ効果

 ●0.4〜160kWまでシリーズ化

 ●東芝汎用インバータでの運転が可能

 ●小形・省スペース設計にも対応可能



仕様機種一覧

形式の見方

   <モータ形式>

モータ形式

   <インバータ形式>

インバータ形式

標準仕様・機種一覧

 (詳細はこちら)

 ●枠番号  71M〜280MD

 ●出力   0.4〜160kW

 

 

製作可能範囲

7200min-1:0.2〜22kW
3600min-1:0.2〜15kW
1800min-1:0.2〜160kW


(上記以外の範囲についても製作可能です。弊社窓口までご相談ください。)



関連情報

※会員ページでは、図面・取扱説明書・FAQ等を公開しております。

※本製品の保証・免責事項に関しましては、「取扱説明書」にてご確認ください。

※本ページ記載の内容は予告なしに変更の場合がありますのでご了承ください。

  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.