保守・サービス

静止器(変圧器、コンデンサ等)に関する質問

直列リアクトル

■一般

Q:コンデンサ用直列リアクトルをコンデンサ容量の6%に選んである理由は?
A:投入時の突入電流を低減し、かつ第5高調波に対して誘導性リアクタンスとするためです。
  • 一相分で考えると、
  •  Ec=I/ωC、 EL=ωLI
  • 容量は
  •  QL=EL・I=ωLI2
  •  Qc=EcI=1/ωC・I2
  • 第5高調肢に対するインピーダンスは
  •  Z5=5ωL−1/5ωC
  • ここで、Z5=0とすると、QLは4%以上あればよいが、誘導性とするために余裕をみて6%としています。

Q:定格電圧の基準は?
A:6600Vは7020/√3×0.06=243V が定格電圧となります。

Q:リアクトルの端子UVW、XYZのどちらにコンデンサを接続すればよいのか?
A:回路図 XYZにコンデンサを接続してください。ただし、UVWに接続しても特性上は問題ありません。

Q:油入りリアクトルの油交換時期は?
A:絶縁油の劣化は、使用状態・環境・保守の程度等により大きく異なりますが、文献などで、一般的に次のように言われています。
 開放形…5〜10年程度
 密閉形…10〜15年程度

Q:リアクトルに不具合が発生した場合に動作する接点は取付けられるか?
A:現行のSRでは、保護接点は標準付属となっています。
既納品に取付ける場合は、ダイヤル温度計の取付けで対応可能です。この場合、現地改造は不可能なため、弊社での改造となります。

Q:6kVリアクトルの耐圧は?
A:AC22kV となります。

Q:リアクトル保護用接点(温度上昇によって閉じるa接点)を後付けできるか?
A:現在の直列リアクトルには保護用接点を標準付属としていますが、既設品への取付けは、改造が必要となりますので、弊社へ送付いただく必要があります。
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.