保守・サービス

静止器(変圧器、コンデンサ等)に関する質問

機種別熱帯処理・熱帯通過処理

Q:機種別の熱帯処理・熱帯通過処理は?
A:
機種熱帯処理・熱帯通過処理
VCB露出した金属部分をクリアラッカーで塗装し錆止めを行う。
メッキを厚くすることにより対応する場合もある。
熱帯通過:真空梱包であれば特殊処理は必要なし。
Vctt 同 上
MCCB内部が高温となるため特殊処理は必要なし。
メータ
(AM,VM等)
特殊処理は行わない。
特に対応が必要な場合はエルガンスプレー塗装(富士高分子KK製)を使用。
Mg-SW
  1. ESPARMightyシリーズ  可動接触子を銀メッキし、本体にラベルを貼る。THRは標準品で問題ない。
  2. MightyJシリーズ  CTT,THRともに標準品で問題なし。
VT、CT霞出している金属部分の塗装を標準品より厚くしている。
PBS、COS導電部以外の金属部分に塗装を行う。
OCR特殊処理は行わない。
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.