保守・サービス

静止器(変圧器、コンデンサ等)に関する質問

変圧器

変圧器のQ&Aを区分ごとにまとめてあります。該当する区分を下記より選択してください。

■結線

Q:三相変圧器の各結線方法のメリット、デメリットは?
A:
(1)Y−Y絡線
  1. 各相インピーダンスの相違による循現電流や励磁電流の第3高調波等は発生しない。
  2. 中性点が接地できる。
  3. 中性点を接地していないと、1相が地絡すると他の2相が線間電圧に上昇する。
  4. 比較的高電圧、小電流のものが経済的に製作できる。
  5. 小容量以外は余り用いない。当社でも3Φ50kVA以下に用いている。
(2)△−△結線
  1. 第3高調波は巻線内の循環電流となり、外部には障害を与えない。
  2. 中性点接地ができない。
  3. 各相巻線の変圧比が相違する時は、二次巻線内で循環電流が生ずる。
(3)Y−△結線、△−Y結線
  1. △結線が−次側か、二次側のどちらかにあるので、第3高調波の通路があり、外部にでないので第3高調波による障害は少ない。
  2. Y側の中性点を引出して負荷ならびに接地に使用できる。

Q:弊社の75kVA変圧器がY−△結線になっている理由は?
A:これは、JIS規格で標準化されているためです。
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.