保守・サービス

モータ(Motor)

画像

環境維持や生産を担う重要な電動機に万一、突発的な事故が発生し、停止したときの有形無形の損害は計り知れません。この様な事故を防止するためには事前の点検実施が必要です。

稼動後5年以上経過すると、故障する確率が高くなるのでメーカによる分解定期点検をおすすめします。

保守点検のポイント

  • 外観、音、臭気など
  • モータおよび周辺の温度監視
  • モータおよび周辺の振動状態

点検項目

外観全般 環境、振動、電源電圧、負荷電流、温度、臭気、結露
締付け部 接続部の変色
電線・ケーブル 損傷、腐食変形
端子箱 変色、発錆、腐食
軸受 異音
コイル 絶縁抵抗

交換部品

  • 軸受
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.