保守・サービス

高圧真空遮断器(VCB)

画像

真空遮断機は一般的に開閉回数が少ないため、機構部の潤滑が行われにくい傾向があります。

また、塗布したグリースの経年変化により油分が失われ、動作が重くなり、投入不良やトリップ不良を生じることがあります。

また、温度・湿度・汚損などの周囲環境の影響で、絶縁性能が低下します。

これらの現象を未然に防止し、長期間にわたり性能を維持するためには、定期的な点検が必要になります。

保守点検のポイント

チェック項目30の「普通点検」、チェック項目40の「細密点検」、分解掃除(グリースアップ)・部品交換を主体とした「オーバーホール」等、使用年数・開閉回数により点検パターンを選べます。

点検項目

普通点検 清掃、動作状態チェック、潤滑状態チェック、調整寸法測定、注油、絶縁抵抗測定
細密点検 普通点検の項目および指定部分のグリースアップ、部品交換、真空度チェック
オーバーホール 細密点検の項目および分解掃除、部品交換

交換部品

  • 投入コイル
  • トリップコイル
  • 補助スイッチ
  • 真空バルブ
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.