トップページ > お問い合わせ > よくあるご質問(FAQ)

保守・サービス

モータに関する質問

モータ共通の現象・原因と対策

モータの一般的な故障について、その現象別に『原因』と『対策』をまとめました。
該当する現象を選択してください。

対策を行っていただいても、問題が解決しない場合は、オンコールサービスまたは、
オンラインサービスへお問合わせください。

Q:負荷をかけない状態で回転しない
原因:停電
対策:構内受電電圧が無電圧でないか盤計器類で確認後、結果を元に電力会社へ確認をしてください。
原因:接続電線の断線
対策:電動機接続回路の導通等を確認し、断線箇所を修復してください。
原因:開閉器の接続不良
対策:開閉器への導体接続部の接続外れ、締付不良などがないか確認し不良箇所を修復してください。
原因:回路に開路している所がある
対策:ヒューズ断、過電流継電器による開路動作、遮断器の投入忘れ等がないか、確認してください。
原因:固定子巻線の断線
対策:巻線の抵抗値、絶縁抵抗値を測定し、巻線の良否を確認してください。その後、オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問い合わせください。

Q:負荷をかけない状態でうなる
原因:固定子巻線の断線
対策:巻線の抵抗値、絶縁抵抗値を測定し、巻線の良否を確認してください。その後、オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問い合わせください。
原因:三相のうち一相が開いて単相になっている
対策:電源端子電圧や電流を確認し、ヒューズ断線や電線の断線の有無を確認し、不良箇所を修理してください。
原因:開閉器の接触不良
対策:開閉器の導通を確認し、導通がなければ開閉器を交換等の処置をしてください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、音がする
原因:異物の侵入
対策:異物を取り除いてください。異物を取り除いても解決しない場合は、オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問合わせください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、連続的な音がする
原因:軸受磨耗・不良
対策:オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問い合わせください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、過電流継電器が作動する
原因:過電流継電器の設定誤りまたは選定誤り
対策:設定値を修正するか、適切なものに取り替えてください。
原因:過負荷
対策:負荷を軽くしていただくか、負荷に合ったモータを選定ください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、ヒューズが切れたりし、遮断器が作動する
原因:ヒューズ、遮断器の選定誤り
対策:設定値を修正するか、規定のものに取り替えてください。
原因:過負荷
対策:負荷を軽くしていただくか、負荷に合ったモータを選定ください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、過熱する
原因:過負荷
対策:負荷を軽くしていただくか、負荷に合ったモータを選定ください。
原因:電圧が高すぎる
対策:電圧を確認し、電源を修理してください。
原因:電圧が低すぎる
対策:電圧を確認し、電源を修理してください。
原因:電圧不平衡
対策:電源、配線を確認し、電源を修理してください。
原因:冷却通風路がふさがれている(ゴミや異物が詰まって、風が通らない)
対策:通風口、冷却通風路を清掃してください。
原因:電動機巻線が相間短絡している
対策:巻線の抵抗値、絶縁抵抗値を測定し、巻線の良否を確認してください。その後、オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問い合わせください。
原因:ベルト掛けのプーリーが大きく、冷却風を妨げている
対策:プーリーに通気口を設けてください。
原因:始動頻度が高い
対策:始動回数を減らしてください。

Q:負荷をかけない状態では回転するが負荷をかけると、急激に回転速度が下がる
原因:電圧降下
対策:配線の長さ、断面積、及び、電源容量を確認し、対策ください。
原因:過負荷
対策:負荷を軽くしてください。
原因:軸受の焼損
対策:軸受を確認した後、オンコールサービスまたは、オンラインサービスへお問い合わせください。

Q:振動が大きい
原因:据付不良
対策:基礎ボルトの増し締めや、水平度のチェックを実施ください。
原因:カップリングの不釣合量が大きい
対策:カップリングの釣合を調整してください。
原因:ベルト掛けプーリー間の中心不一致
対策:プーリーの中心を一致させるよう調整ください。
原因:回転部にゴミなどの付着
対策:付着物を取り除いてください。
原因:外部振動、衝撃
対策:防振処置を行ってください。
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.