保守・サービス

静止器(変圧器、コンデンサ等)に関する質問

変圧器

変圧器のQ&Aを区分ごとにまとめてあります。該当する区分を下記より選択してください。

■適用

Q:50Hz仕様の変圧器を60Hz地区で使用できるか。またこの逆は?
A:
  1. 50Hz仕様変圧器 → 60Hz使用できます。ただし,%Izが約1.2倍となります。
  2. 60Hz仕様変圧器 → 50Hz使用できません。(過励磁となり、鉄損、励磁電流、騒音、温度上昇が増加するためです。)

Q:並列運転の条件は?
A:
  1. 各変圧器の−次、二次の定格電圧ならびに極性が等しいこと
  2. 三相では相回転方向および位相変位が等しいこと(結線の組合せによる)
  3. 巻線比が等しいこと
  4. インピーダンス電圧の差が10%以内であること

Q:%IZが異なる2台以上の変圧器の並列運転時、各変圧器に流れる電流分布は?
A:
計算式

Q:単相変圧器×3台のとき短絡電流はどうして求めたらよいのか。三相変圧器としてインピーグンスはどうなるか?
A:単相変圧器の容量が「PkVA」でインピーダンスが「%Z」とすると、三相では容量は「3PkVA」となり、インピーダンスは「%Z」で不変となります。
従って,3PkVAのときの二次定格電流をI2とし短絡電流をIs2とすると、
  • I2=3P/(√3・E2)  (A)
  • Is2=I2×100/%Z (A)
  •  E2:二次定格電圧(kV)

Q:変圧器の周囲温度が変わったとき、許容負荷率の目途はどうなるか?(周囲温度が40℃から60℃に変わった場合)
A:巻線の温度上昇は損失の0.8乗に比例するものとして概算すると次のようになります。
周囲温度 40℃→60℃
従って、巻線の温度上昇限度は55deg→35degとなる。
  • 55/35=((WF+WC)/(WF+WCX) )0.8 からWCXを求め
  • Ix/I=√(WCX+WC) で求められます。
  •  WF:鉄損
  •  WC:100%負荷のときの銅損W
  •  Wcx:周囲温度60℃で運転するときの銅損
  •  WF、WCはテストレコードを参照してください。

Q:1Φ-10KVA、6.6kVA-210/105Vを二次230/115Vにして使用したい。問題ないか?(−次側でタップで調整して)
A:210/105Vは、220/110Vまで使用可能であり、230V/115Vは、使用不可能となります。
(電圧が高くなると、過励磁となり、鉄損、無負荷電流が急増し、電圧波形のひずみが生じたり、温度が上昇したりします。)

Q:△△結線とY△結線の変圧器を組合わせると高調波の抑制になるのか?
A:
回路図 一般に6パルス整流回路から発生する高調波を抑制するのに、YYまたは△△の変圧器とY△または△Yの変圧器を組合わせ、右図のように12パルス整流とすると第5,7,17,19次の高調波の発生は理論的にはなくなります。
  • 購入に関するお問い合わせ
  • 仕様・機能に関するお問い合わせ
  • ウェブサイトに関するお問い合わせ
  • カタログ請求
  • よくある質問(FAQ)
Copyright(c) 1996-2016 Toshiba Industrial Products and Systems Corporation All rights reserved.